CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
慣らし保育で熱が出た
0

    JUGEMテーマ:子育て日記

     

    石を投げれば当たるんじゃないかってい言うくらい、よくある話についてです。

     

    それは・・・

     

    「慣らし保育で熱が出た」

     

    「そしてそれが家族(夫)にうつった」

     

    他人の話なら、「保育園行きだすと、もらってきちゃうっていうよね〜」なんて、お気楽に相槌うつものですけど・・・

    当事者になると、めっちゃ大変。

     

    そもそも、事の起こりは、慣らし保育を初めて1週間目の終わりの金曜日のこと。

     

    まず始めに、鼻水が出始めました。

     

    「あぁー、なんかもらってきちゃったかな〜

     でも仕方ないなー」

     

    だって、保育園の同じクラスの子(0歳児クラス)の半分以上、鼻水垂らしているんだもん。

     

    ってことで、熱が出なければいいけど、と見守りながら過ごした週末。

     

    日曜は天気もよかったし、暖かかったので、散り桜を見ながら、ピックニック的な感じでお弁当を食べたりして楽しみました。

     

    そして、その日の夜。

     

    寝かしつけをしようとしたら、やたらとグズる息子。

     

    鼻水のことがあったので、念のため熱を測ってみたけど、この時点では平熱。

     

    なんとか寝かしつけて、私も眠り、そして明け方。

     

    事件は起こった。

     

    いつものように布団から飛び出して(寝たまま)、旅に出ていた息子。しかし妙に寝苦しそう。

    眠り目をこすりながら、布団に戻してあげようと抱き上げた瞬間・・・

     

    「あれ?なんか熱くない??」

     

    いつもこんなに熱かったっけ?

    いや、でも昨晩のぐずりもあるし・・・

     

    と、念のため体温計を持ってきて測ってみると、37.6度。

     

    彼の平熱は、だいたい36.7〜37.0くらい。

     

    めちゃくちゃ高いわけではないけど、寝ている最中(しかも布団を飛び出しているのに)、この体温は高いな・・・。まだ朝だし、上がってくるかも。

     

    と思いながら、でも一応、普通に寝ているので、そのまま、抱っこで落ち着かせてから布団に寝かして、朝を迎えました。

     

     

    そして翌朝。

     

    もう一つの事件が。。。

     

    朝、起きてきた夫に、息子の熱について伝えます。

     

    「この子、熱があるみたい。」

     

    後手、夫の返し。

     

    「俺も。」

     

    ・・・・ん?

     

    「俺もたぶん、熱ある・・・」

     

    フラフラした足取りで、ソファになだれ込み、体温を測ると・・・38.0度。

     

    多少パワーは落ちるものの、いつもどおり機嫌よく遊んでいる息子に対して、見た目も体温もあきらかに病人の夫。

     

    あなたのほうが重症やないかーい!!

     

    しかし、今日はどうしても休めないとかいって、会社に行きました。周りの人からしたら、迷惑、迷惑。

     

    まぁ、夫は大人なので放っておいてもいいやっていうことで、私は息子を病院に連れて行きました。

     

    いつも予防接種でお世話になっている近所の小児科です。

    病気で来るのは、初めて。

     

    病院に連れて行って熱を測ると、37.9度。

    赤ちゃんは体温が高いということで、そこまで重症ではないのでしょうが、やはり熱があります。

     

    診察をしてもらったところ、喉が腫れているのと、黄色い鼻水がたくさんでるので、風邪でしょうと。鼻水を吸引してもらい、薬を処方してもらって終了です。

     

    食欲もあるし、元気に遊んでいるので、さらっとした診察で終わりました。

    ヨカッタ、ヨカッタ。(しかし、この後、この微妙な状態が長引くことになる)

     

    ただ、息子は、この翌日に予防接種と10カ月検診の予約をしていました。

     

    それについては、「多分ダメだろうな〜」と思っていたら、案の定、NG。しかも、なかなか予約の取れない病院なので、提示された次回の日にちは1か月以上先。

     

    もう仕事に復帰しているから、スケジュールなんてわかんないよ!!

     

    って感じで、その場では決めれず、かといってモタモタしているとその日も埋まってしまうということで、会社のいろんな人に連絡して、休みを取れるかどうか(スケジュール的に)確認したりして、てんやわんや。

     

    予防接種の補助券も1歳までに使わないといけないと言われて、次回を逃したら結構やばい!!

     

    育休中に受ければいいや〜とか思って、ノンビリしていた(本当はもっと早く予約できたのに、忘れていた)のが悪いんだけど、まさかまさかのケツカッチン。

     

    一方、家に着いた頃、夫からも「やばい。早退する」との連絡。

     

    お昼過ぎに帰ってきた夫は、もうぐったりしていて、息子よりもはるかに重症。(病院に行ったところ、インフルエンザではないらしく、一応安心。)

     

    息子の熱は結局、病院での37.9度をピークにゆっくりと下がっていき、翌日には37度前後をウロウロしていました。もうほぼ平熱(ちょっーーーと高いかなくらい)。

     

    めちゃめちゃ元気なんだけど・・・と思いつつ、まぁでもせっかくの慣らし保育園期間なので、大事をとって、もう一日お休み。

     

    しかし、実はこれ、すんなり治ってはくれませんでした。

     

    それについては、この後の展開に続きます〜(^^;)

     

     

    あと、オマケ。

    息子の熱で吹っ飛んだ予定。(予防接種&検診以外)

     

    〇笋了左紊了科検診。

     この日の午前、母子手帳のチケットを使って行くハズで予約していたのですが・・・

     

    息子の初節句写真

     せっかく育休中なのでと思い、熱が出た日の翌日の撮影を予約していました。保育園も大事を取ってやすんだのに、さすがにコレはないな〜と思いキャンセル。(後日行った)

     

     

    | 保育園 | 17:42 | comments(0) | - |
    慣らし保育2、3日目
    0

      JUGEMテーマ:子育て日記

       

      慣らし保育の続きです。

       

      初日については、こちら

       

       

      慣らし保育2日目

       

      慣らし保育2日目は、母子通園半日&保育園の給食を食べるというミッションです。

      特に、この保育園の給食が食べられるかどうか、を先生たちは気にしていました。

       

      正直、うちの子、なんでも食べると思うけど〜(^^;)

       

      ということで、2日目。

       

      今日も息子を遊ばせ、母は遠くで見守ります。

      息子、しばらくは、おもちゃで勝手に遊んでいました。

       

      それを見ていた先生からも、

      「もう、今からでも母子分離できそうですね。」

      と、お墨付き。

       

      まぁ、実際、勝手に遊んでいてくれてるし、もう、結構大丈夫そうなんだけどな〜。

       

      と思っていたのですが・・・どうやら、何かに気付いた息子。

       

      遊んでいたハズなのに、途中から、頻繁に私がいるところに来るように。

      顔を見て、「よし、いるな。」って感じで、再びハイハイでどっかに行き、そしてまたすぐに戻って顔をみる。

       

      まるで何かを確認しているかのような様子。

       

      勘?

      彼の中で、何かを察した??

       

      確かに、いつもは勝手に離れていく息子を、連れ戻している私が、今日はどれだけ離れても、全然、迎えにいかない。

       

      赤ちゃんでも、赤ちゃんなりに結構、敏感なものなんですね。

      明らかに何かを感じ取っているようでした。

       

      そんな感じで、しばらく見守っていたら、急に息子が泣き出しました。

      どうやら、遊んでいるときに、他の子とおもちゃの場所取り競争で負けて、体の大きな子に押し出されたらしい。

       

      慌てて抱っこしてあげたら、メソメソ泣いていました。

      今まで、他の子たちから散々、おもちゃを取り上げてきた我が子にも、ついに大きな壁が!!

      こうやって、社会に揉まれて強くなれ〜。笑。

       

      そんなこんなで今日もお昼。

       

      今日は保育園の給食が出てきたのですが・・・

       

      うーん、、、

      給食の離乳食、うちのやつより、ちょっと手前の段階かも。(量も形状も)

       

      うちは5ヵ月から離乳食を初めて、何でも食べるし、きちんと噛むし、きわめて順調に進んでいるので、今は離乳食後期。ご飯は軟飯を食べられるし、まぐろハンバーグとか、油少な目だけどクタクタの炒め物とか、結構料理っぽいものを食べています。

       

      ですが、給食で出てきたのは、ご飯は5倍粥くらいで、おかずも全体的にほぐしたおさかなとかペーストよりはちょっと荒めの野菜とか、イメージでいうと、中期の離乳食。量も3分の2くらいです。

       

      隣に座っていた男の子が、うちの子より1ヵ月くらい大きいらしいのですが、肉じゃがみたいなのを手づかみで食べていました。

       

      うちの子もこれでいいんだけどな〜って思っていたら、先生から「離乳食はどうですか?」って聞かれました。

       

      先生も、昨日のお弁当を見ていたので、量や形状が、ちょっと物足りないんじゃないかと気にしていたそうです。私からも、もうちょっと大きい子が食べているやつと一緒にしてほしいとお願いしました。

       

      なるほど。

      母子通園とか、初日の手作り離乳食弁当とか大変だったけど、意味あったな〜

       

      そして、今日も慣らし保育は半日(昼食)で終了。

      すでに眠気でぐずり始めていた息子を抱いて撤退しました。

       

       

      慣らし保育3日目

       

      そして、慣らし保育3日目。

      3日目は、半日だけですが、ついに母子分離です。

       

      今日は保育園に送って行って、必要な作業が終われば、私はサヨウナラ。

      昼食を終える11時半ごろに迎えにきます!!

       

      置いて帰るときは、ちょっとさみしかったけど、いざ家についたら・・・

       

      自由!!

      なんて、自由!!!

       

      もうね、思わず踊りだしそうだった。

       

      送り迎えの時間を差し引くと、9時半から11時ごろまでのせいぜい1時間半ちょっとだけど、こんなことは今までありえなかったから、なんか不思議。

       

      で、そんな自由時間に何をするかというと・・・

      まずはコーヒー。

       

      誰にも何にも邪魔されずに、ゆっくりブレイク。

       

      いつもはコーヒーなんて飲もうものなら、寄ってきて、足にしがみつき〜の、「遊んで〜」のですが、今日は、自分のペースでゆっくり飲める!!

       

      しかも、保育園を機に、お昼の授乳をやめたので、カフェインうんぬんの時間も気にしなくてもイイ!!(もともとそこまで神経質に気にしてはいませんが)

       

      そして、次は掃除。

       

      いつもは掃除機のあとを追いまわす息子が、今日はいない。

      掃除機も、クイックルワイパーも、コロコロも、すんっごい、はかどる。

       

      1時間半があっという間でした。

      本当はもうちょっと片づけたかったけど、仕方ありません。

       

      迎えに行ったら、ちょうどご飯のあとの着替えの最中で、ズボンとTシャツでハイハイうろうろしている息子を発見。

      私を見つけると同時に、にっこり笑顔で突進してきた息子を捕まえて、抱っこ。

       

      保育園での様子を聞いたところ、、、

       

      「一度も泣かなかったですよ〜」

      「ごはんもよく食べていました〜」

       

      おぉ!

      すぐに慣れるだろうと思っていたけど、想像以上。

       

      先生たちに褒められました。

       

      すごいんじゃな〜い?

      優秀なんじゃな〜い?

      もう、なんの心配もいらないじゃん!!

       

      なんて思っていたのですが!!!!

       

      実は、家に帰ってから、なかなか大変でした。

       

      なぜなら、

      ずーーーーーっと、抱っこ。

       

      抱っこの要求が激しすぎて、下に降ろそうもんなら、もうグズグズ〜。私が座ると近寄ってきて、スリスリ〜。

      そんな状態が1時間くらい続きました。

       

      薄々は覚悟していましたが・・・反動すごッ!!

       

      | 保育園 | 12:09 | comments(0) | - |
      慣らし保育、初日
      0

        JUGEMテーマ:子育て日記

         

         

        前回のブログでも書きましたが・・・

        4月10日から、いよいよ慣らし保育が始まりました〜!!

         

        ということで、慣らし保育についての様子を綴っておきます(^3^)ノ

         

        まず、慣らし保育のスケジュール。

        慣らし保育のやり方は保育園によって違うみたいですね。

         

        うちの保育園では、

         

        1日目・・・母子通園&お弁当

        (親子で一緒に行って、半日過ごす。お弁当の離乳食は家から持参。お昼を食べて帰宅)

         

        2日目・・・母子通園&給食

        (親子で一緒に行って、半日過ごす。離乳食は給食。お昼を食べて帰宅)

         

        3日目・・・母子分離半日

        (母親帰宅。初めて一人で保育園で過ごす。給食を食べて昼に帰宅)

         

        4日目・・・母子分離、午後まで

        (15時ごろまで。午後のお昼寝が終わるころに迎えに)

         

        5日以降・・・できるなら通常通園に

        (親がお休みの場合、16時まで。仕事復帰していればフルで預けてもイイ)

         

        ということで、順調にいけば慣らし保育は4日で完了。

         

        最短でやれば、5日目で仕事復帰も可能です。

         

        まぁ、私はしませんけどね。

        まるっと2週間以上慣らし保育だぜ!!

         

        ちょうど先週一週間過ごして思ったのは・・・やっぱりゆっくりやって正解だったな、ということ。

         

        詳しくは後述しますが、やっぱり環境の変化って、それなりに子供にストレスを与えるようです。

         

        うちの子、人見知り、場所見知りはしないほうだけど、それでもやっぱり慣れない生活による変化らしことが、ところどころありました。(明け方、浅い眠りが続いて、いつも朝は機嫌が悪くなったりとか)

         

        それに、慣らし保育って、子どもだけでなく、親にとっても「慣らし」だな〜と。

        今まで最悪、朝起きれらなくても、夫に「ゴメン」だったけど、これからは規則正しい生活に入らないといけないわけですもんね。

         

        子どもよりも、親の方が適応力低いわ!(笑)

         

        あと、子ども、ちょうど1週間目で熱出したからね。想定の範囲内だけど。(それについては、後日書きます。)

         

         

        ということで、前段が長くなりましたが、いよいよ迎えた慣らし保育初日。

         

        初日は、母子一緒に通園&離乳食にお弁当。

         

        これは、保育園の先生が、家でどんなものを、どんなふうに食べているのか、様子を見たいということだそうです。

        特別豪華なものを作ってくる必要はないので、いつも食べているものを持ってきてください、とのこと。

         

        そう。お弁当。

        作らなきゃいけないの。

         

        いやー!!

        ちょっと大変〜。

         

        基本冷凍ストックが多い私。(特にお昼は)

        外に行くときはいつも和光堂のBF弁当でごまかしておりました。だってパッキングされているし、下手に作ったものを持ち歩くよりも安心だもの。

         

        さすがに保育園で「レンチンしてください」は言いにくいので(BFは論外)、作りましたよ。朝起きて!!

         

        久しぶりに早く起きて!!(いつもサボっているだけですが。。。)

         

        メニューはこんな感じ。

         

         ・まぐろハンバーグ(トロロ&玉ねぎ入り)

         ・刻みオクラ(ハンバーグのソースとしても)

         ・蒸し野菜(にんじん、かぼちゃ)

         ・軟飯(彩りに、刻んだブロッコリー乗せ)

         

        家では、味噌汁とかも出しているのですが、お弁当なので、汁の滴らないもので、手のかからないもの。

        念のため、量もいつもよりちょっと大目に持っていきました。

         

         

        そして、いよいよ保育園へ。

         

        初日は朝9時半です。

         

        保育園に着くと、まず先生から説明・・・

        かと思いきや、先生、泣く子らに手一杯で、我ら親子はしばし放置。

        先週から慣らし保育が始まった子たちが、ちょうど母子分離をしていて、どこもかしこも泣いたみたいです。

        先生は、背中に一人おんぶ、前に抱っこで2人抱え、床に座り込んで動けず。。。大変です。

         

        「ちょっと待っていてください。」と言われたので、とりあえず、息子を他の子のいるあたりに降ろしてみました。

        場所見知りも、顔見知りも、あまりしない息子。泣いているほかの子たちをしり目に、遊び始める・・・かと思いきや、

         

        泣いたーーー!

         

        泣いている他の子に、つられ泣き。

         

        いやぁ、つられ泣きなんてするのね。どこに行っても、おもちゃ奪って遊んでるって感じだから、保育園もすぐに慣れるでしょって結構タカをくくっていたんだけど・・・・とっても意外でした。

         

        もしかして、慣らすのに思った以上に苦労するかしら???と心配に。

         

        ということで、最初は、私がそばについて、おもちゃを渡して、遊ばせてみました。

        ちなみに、うちの息子は、ミニカーが大好き。特にプルバック式の後ろに引っ張ると自動で走っていくやつが大の好物でございます。

        目の前で走らせると、追いかけずにいられない。

         

        保育園にもこのミニカーがありまして、目の前で走らせてやったら、まぁ動く、動く。さっきまでの泣き顔も嘘のように追いかけまわし始めました。

         

        幸いにして息子が勝手に遊び始めた頃、ようやく泣いていた他の子たちも落着き、先生の手が空きました。

         

        ということで、保育園からの説明を聞きます。

         

        しかし、保育園って、着いたら息子を置いて、「ハイ、さよなら」ってわけにはいかないのね。

         

        着替えの服やエプロン、タオル類をセットしたり、ゴミ袋を所定の場所にかけたり、いろいろと記入したり(睡眠時間とか、朝食とか)・・・。

         

        さらに、うちの保育園の場合、布おむつなのですが、おむつは保育園でレンタルしています。普段は紙おむつを使用しているので、送り届けたらまず、布おむつへのオムツ替えというミッション。

        初めて使う布おむつ、最初は、しめ方もわからなかったです。(今でも結構モタモタ)

         

        私も保育園に通っていたけど、親はこんなにもいろいろ、やらないといけないとは・・・。(オムツはともかくとして)

         

        そんなこんなで、いろいろ説明を受けていたら、あっという間にお昼ご飯の時間に。

        お昼が近付くにつれて、だんだんグズグズしてくる息子。

         

        というのも、彼は基本的に一人で遊んでいられれるんですけど、眠いとき、おなかがすいたときだけは、私でないとダメなんです。私のところに寄ってきて、背中にベッタリ、スリスリ。

         

        今までは、いつでも母親というベースキャンプ=安全地帯に逃げ込めた

        わけだけど、母子分離が始まったらどうなることやら・・・。

         

        今日の昼食は先ほどのお弁当です。

         

        一応、温めなくても食べられるものにしたけど、保育園でレンジをかけてくれるということだったので、お願いしました。

         

        みんなと一緒に座って、今日は私が横で、食べさせてあげました。

        本当はそろそろつかみ食べもしそうなのですが、なかなか掴んで口に持っていくところまでいきません。

        保育園に行けば、すぐに教えられそうですが。

         

        先生は、お弁当の中身とか食べる様子をみている・・・

        ということでしたが、結構、他の子たちに食べさせるのに手一杯な感じでした(^^;)

         

        でも、量とか中身の感じはチェックしてくれていたようで、「全部食べましたか?」とか、「いつもそれくらいの固さですか?」とか聞かれました。

         

        今日は、念のため大目に持って行ったので、全部は食べないかな〜と思ったけど、結局なんだかんだで全部食べてしまい、先生たちから驚かれることに。。。

         

        そして、食べ終わったところで本日、終了。

         

         

        慣らし保育一日目は、最初こそ泣いたものの、しばらくすると一人で遊び始めることができました。

        初日としては上出来でしょう!!

         

         

        ということで、2日目に続く。

         

         

        | 保育園 | 16:54 | comments(0) | - |
        慣らし保育が始まる前に〜モノと心の準備期間〜
        0

          JUGEMテーマ:子育て日記

           

          今週から、いよいよ、慣らし保育が始まりました。

           

          慣らし保育の日程は4月3日の入園式の日に決めました。

           

          入園式の翌日から慣らし保育を始めてもいいですよ〜と言われていたのですが、状況と心の準備(!?)が整わず、1週間先延ばしさせてもらいました。私は仕事復帰を4月の終わりにしているので、それでも、2週間以上かけて、ゆっくーり慣らしていくことになります。

          入園式の話はコチラ

           

          状況が整わないというのは・・・各種いるもの準備!そして名前付け!!

          まだお昼寝布団類のカバーもできていないし(布団は買ってある)、保育園に着ていくような服も少ないし(上下別れた服の着替えが3着必要)、エプロンタオルは作ったけれど、名前が書いていないし・・・っていいうか、名前はなにもかも書いてないし!!!

          ということで、この1週間で、必要なものを買い揃えて、お布団カバーを作って、名前を書かないといけないわけです。

           

           

          ●服を買った話

           

          ということで、まずは西松屋に買い出しして、安い手ごろな値段の洋服をゲット。

          周り中から、「保育園に行くようになると服が汚れてボロボロになる。何枚あっても足りない〜」っていう話は聞いていました。ということで、何枚でも買えるように、行きつけの西松屋にお世話になることに。

          (なぜかいつも人気記事ランキングに食い込んでいる「西松屋で買ってよかったもの」)

           

          当ブログにもよく登場する兄の金言。

           

          「西松屋の服は保育園にマジ、おススメ。

           安くて薄いから。(←褒め言葉)

           汚して帰ってくるじゃん。夜、洗濯機回すじゃん。

           朝には乾くんだよね。

           薄いから。」

           

          目からウロコ!

           

          ということで、うちの服は西松屋とH&Mの「3枚買うと1枚無料(¥999〜)で占めまくっています。

           

           

          ●お布団カバーを作った話

           

          続いて、お布団類のカバー作成。

          敷布団は既成のサイズなのでカバーも売っているですが、うちの保育園の場合、タオルケットと毛布が必要で、その2つにも「カバーをかけてください」と言われました。

          タオルケットや毛布に合うサイズのカバーって結構ないんですよね。。。

           

          まぁ、多少ガバガバで使うこともできるのでしょうけど、せっかくなので、敷布団も合わせて、おそろいのカバーを付けることにしました。

           

          生地は名古屋市の超大きな老舗生地屋さん「大塚屋」(桜通線「車道」すぐ)で購入済み。

          本当に大きな生地屋さんで、柄や種類もめちゃくちゃ豊富。

          私は3月末の休みの日に、夫に子供を見ていてもらい、行ったのですが・・・

          信じられないくらい激混み。

           

          私と同じような年代の女性、子連れ、母連れ、義母連れ(レジの後ろに並んでいた人は明らかに義理母と来ていた)、パパ連れ、ジジ連れ・・・

          もう人、人、人。

          そして、デパートでよく見る光景、「階段の踊り場のベンチにボンヤリとたむろする男(パパ、ジジ)たち」。(笑)

           

          みんな、入園、入学、新年度のグッズを作るために買いに来たんだろうなぁと思うと、世の中にこんなにたくさん「作る気満々」な人があふれていることに驚いた。

           

          ちなみに、我が家にはミシンはありません。

          実家のミシンを使い、母に少し手伝ってもらいながら、作ることに。

           

          私のイメージでは、青い生地に青いファスナーの付いたオサレなカバーを作るつもりでした。ファスナーって難しそうだけど、お母さんに手伝ってもらえば、作れるかなーと思いまして。。。

           

          ということで、

           

          私「ファスナーも買ってきた〜」

           

          母「え?あんた、ファスナー付けれるの?」

           

          私「え?お母さん、ファスナー付けれないの?(まるっきりあてにしていた)」

           

          母曰く、ファスナー付けは、きっちり縫わないとズレてしまってキレイにかみ合わなくなるらしく、挑戦したことはあるけど、かなり難しいのだそう。和裁のできたお祖母ちゃんでさえ、ファスナーは人形のお洋服くらいの長さしか付けなかったのだとか。

           

          それでも食い下がってみる私。

           

          私「あ、でも、つけ方はネットで見た。理論はわかってる。

           

          母「やり方がわかれば、できるものじゃないのよ」

           

          私「でも、○○伯母さん(母の姉)だって、できるよね?△△さん(義理姉の母)も、ファスナーのついた赤ちゃんの布団を作ってくれたじゃん。(しかも切り返しや飾りまでついていた)」

           

          母「○○伯母さんは、裁縫の専門学校に行っていたのよ(伯母さん、確かに浴衣も自分で染めて作っていた)。△△さんだって、これ、素人のレベルじゃないわよ。(確かに、売ってるやつみたいだった)

          私は、ようやらん!!

           

          ちゅっどーん。

           

          まぁ、でも良く考えれば、確かに、うちの母は・・・

           

          キャリア〜♪ウーマン♪(ブルゾンちえみ風に)

           

          裁縫とか、バリバリするタイプじゃないのよねぇ。。。

           

          ということで、結局、ひもで縛るタイプのものにしました。

           

          ミシンを使うのもの久しぶりだったので、最初は、ボビンの下糸巻から一つ一つ確認して、モタモタしていましたが、最終的には布団カバーと合わせて、布団を入れるための袋(しかも裏地付き)を作れるほどに!!

           

          アイロンで名前を付けて、出来上がりです。

           

           

          ●名前付け

           

          布団カバーだけでなく、エプロンタオル&タオル、授乳のガーゼ、洋服は下着、靴下まで、すべて、すべーて、保育園に持っていくありとあらゆるのもに名前を付けねばなりません。

           

          マジックで書けるものはマジックで書いてもいいんですが・・・ワタクシ、実は字がド下手でして^^;

           

          できるだけ世の中に文字を残したくない読む人のためには、できるだけ手書きでないほうがいいなぁと思い、いろいろ探していたところ、「布に押すインク」というものがあるんですね!

          名前の印鑑を作って、そのインクで押せば、手書きよりもずっときれいじゃん!読みやすいじゃん!!

           

          知らなかった〜。

           

          そういえば、小さいころ、上靴とかに、あきらかに手書きじゃない感じで名前が書いていある子がいたけど(まるで印刷したみたいだったけど、どうやってやったんだろうって不思議だった)、あれは、布に押すインクをつかっていたのね〜。

           

          ということで、さっそく息子の名前をネットで注文。

          これで、名前は読みやすいし、印鑑のほうが、大量にマジックで書くよりも楽だわ〜^3^

           

          ちなみに、インクは文房具屋さんとか手芸屋さんとか、結構いろんなところで売っています。

          説明によると、押してからアイロンで吸着させるらしい。

           

          ん!?

          ん〜?アイロン・・・?

           

          印鑑のほうがマジックより楽・・・なのか???

          (ポンッとおして終わりだと思っていた)

           

          やや疑問を感じつつも、いざ押してみました。

           

          色の薄いものには黒色のインク、色の濃いものには白色のインクで押します。そしてアイロンで吸着。

          結果・・・

          楽さは正直、マジック書くのとどっこいどっこい。

          名前を付けないといけないものが10枚以上なら、やっぱり速いかな〜。数枚程度だと、アイロンを出してきて、準備してっていうののめんどくささが、ちょい勝る。

           

          字の読みやすさは、生地との相性によって、だいぶ変わります。

          きれいに押せたものだと、すんっごい読みやすいけど、ガタガタのところに押すと(ズボンや靴下のゴムの部分とか)、けっこう読みにくいです。洗濯したら、かすれて、結局、マジックでなぞったりしたものもあります。(靴下はほぼダメだった)

           

          特に、白いインクは、すぐに線がかすれてしまい、きれいに押せませんでした。

           

          一応、アイロンでくっつける普通のネームシール(もちろんこれも手書きではなく印字)も用意してあったので、どうしても見えにくいものはそちらを使いました。

           

          いや〜、ネームシール、圧倒的に読みやすいわ^^;

          アイロン出す手間も変わらないんだから、最初っからこっちでもよかったかも。

           

          でも、このスタンプ、意外なところで役に立ちました。

           

          それは、、、

          ジャーン!

          紙おむつ〜。

           

          うちの保育園は基本的に布おむつ(レンタル)なのですが、紙おむつも数枚用意します。その紙おむつ、一応名前を付けるのですが、大量だし、どうせ使い捨てだから、かすれていても読めさえすればいいし・・・ということで、名づけにスタンプ投入!!押すだけで、アイロンももちろんあてない。

           

          しかし、名前書くものって、ほんとに多いわ〜(ー_ー;)

           

          そんなこんなで、なんとかかんとか名前を付けました。

          でも、ひょっとしたら、まだ忘れていて名前のないものがあるかもしれません〜。

           

           

          (番外編)エプロンタオル

           

          そういえば、ハンドタオルにゴムを通して作るエプロンタオル!

          現在小学校1年生の姪っ子が保育園に入園した時も、義姉が作っていましたが、時が経っても、場所が変わっても(住んでいる違う)、あのエプロンタオルは共通なんですね。

           

          今回、我が子のためにエプロンタオルを作りました。

          ちなみに保育園からは、エプロンタオルは35×35センチくらいのサイズ、できるだけ絵柄をそろえてほしい、という指定がありました。

          ということで、それくらいのサイズのタオルを安く大量買いできそうなところを探しましたよ。

          そして、見つけましたよ。

           

          ニトリを!

          (キャー!ステキ〜!!)

           

          絵柄は、何のとりえもないチェック柄。

           

          いやー、私も車とか動物とかキャラクターとか、カワイイ柄を考えなかったわけじゃないですよ。

           

          でも、うちの息子0歳。

           

          どうせわかんないよね(笑)

           

          しかも、たぶんこれ、ぐっちゃぐちゃに汚れるんでしょ?

          ザ・消耗品じゃん!

           

          だから絵柄のあるものは、本人の好みが出てきて、あんまりこぼさずに食べられるようになったら、買ってあげればいいかなって。

           

          ニトリ、結構しっかりしている生地だし、鮮やかすぎるチェックが、保育園でも逆に他にいなくて、めっちゃ目立ってイイ感じでした。

           

          実用性を重視するそこのアナタ、おススメですよ〜。

           

           

          以上が、入園のためのグッズ類の準備でした。

           

           

          そして、これ以外にもう一つ、準備しないといけないものがあります。

          それは「心の準備」!

           

          今まで、どこに行くにも、何をしていても、毎日いっしょだった息子。

          それが大変ではあったけど、いよいよ保育園が始まると、もうそんな毎日ではなくなってしまうわけで・・・

           

          保育園が見つかったのは本当にありがたいけど・・・、仕事するのは自分で決めて、選んだことではあるんだけど・・・

           

          やっぱり、ちょっと寂しいよね。

           

          うん、寂しい。。。

           

          ということで、入園式の翌日からでもOKと言われた慣らし保育、あえて1週間先延ばして、猶予をもらって、息子との時間を大事に大事に過ごそうって決めました。

           

          一言でいうと、ベッタベタ

           

          いつもは、わりと息子が起きている時間でも料理をしたり、掃除をしたりしているのですが(代わりに寝ている時間を自分時間にしてます。そうしないと頑張れないの〜^^;)、この一週間は、なるべく一緒に過ごせる時間を増やせるように、息子が寝ている時間に家事!

          パソコンに触るのも控えて、なるべく一緒に遊んだり、絵本を読んであげたりして、過ごしました。(だからブログも全く更新できず!)

           

          あと、ちょうど桜が咲き始めた時期だったので、息子と二人でお花見デートに行きました。

          場所は東別院→鶴舞公園とはしご。

           

          どちらも6分咲きくらいでしたが、晴れた暖かい日で、とてもきれいでした!!

           

          先に東別院に行き、境内の切り株に座らせて遊びました。

           

          まだ一人で立っちはできないんですけど、ベビーフィート(赤ちゃん用の靴)を履かせていたので、抱っこひもから地面に降ろしてあげました。

           

          息子は、地面に座って、砂利をつかんだで遊んでいました。初めてのお砂遊び。保育園に行ったら、すぐに泥んこぐちゃぐちゃになるんだろうけど、二人でいられるこの毎日の最後に、初めての外遊びを一緒にできてよかったなぁと思いました。

           

          まだ生まれて一年もたっていないのに、ホントに、どんどん成長してるなぁって実感。

           

          東別院のあとは鶴舞公園に。

           

          桜の規模は鶴舞公園のほうが圧倒的でしたが、人も多すぎ!!

           

           

          ランチ花見をしにきたファミリーから、夜のために場所取りをしているサラリーマンまで、もうごった返していますわ。そういや、中京テレビもいたし。

          そして、息子、東別院での砂利遊びに満足したのか、鶴舞公園に着くと同時に爆睡。

           

          ということで、こちらは、私が一人でぐるっと見てまわって退散。

           

           

          そんなこんなで過ごしていたら、1週間はあっという間に過ぎていきました。

           

          でも、息子といつも以上に、大事に大事に過ごした時間。この時間をきちんと持てて、よかったなと思いました。

           

          そしていよいよ、今週から慣らし保育が始まりました。

           

          その顛末については、またの機会に改めて!!

           

          | 保育園 | 17:24 | comments(0) | - |
          保育園の入園式
          0

            JUGEMテーマ:子育て日記

             

            昨日は保育園の入園式でした。

             

            今年は1、2日が土日だったので、ちょっと遅めですね。

             

            入園式に行くと、いよいよ保育園かぁと感慨深い気持ちになります。(そして、4月末の私の職場復帰もいよいよ・・・

             

             

            入園式は一人で行った。

             

            さて、昨日の入園式、我が家の場合は私だけで連れて行きましたが、結構両親で来ている方も多かったです(全体の半分くらい)。

             

            うちは夫から「行った方がいい?」って聞かれたけど、「え〜、別に行かなくていいんじゃない?場所も広くないし」(ホールの小さい保育園だったので)って、軽くあしらってしまいました。隣に座っていた方もおんなじ感じで、ママ一人で来ていたので、二人で「夫も連れてきてあげればよかったかもね〜」って話をしてました(^^;)

             

            そして夫は会社で、「入園式、今日やってるみたいです」って言ったら、周りのママさん社員から「え?行かなくていいの?」、「会社来てていいの?」って驚かれて、変な空気になったって言ってました。みんな優しいですね〜。

             

            ちなみに、パパさんが一人で連れて来ている方もいました。

            確かに、私の場合は4月末に職場復帰なのでまだノンビリしているのですが、4月1日から復帰の人は、初日にいきなり休みにくいかもしれませんね。

             

            うちの保育園は平日に入園式だったのですが、私の友人の保育園の中には土曜日が入園式というところもあるようです。土曜日だったら夫も一緒に行ったけどな〜。

             

             

            入園式の恰好問題(親編)

             

            入園式の恰好について、前日になぜか、うちの兄と母から「どんな格好で行くの?」と確認されました。

             

            うちの兄は甥の入園式の時、義姉から「ラフな格好でいいんじゃない?」と言われたので、かなりカジュアル目なシャツとパンツとジャケットで行ったら、周りがスーツだらけで、「オレ、むっちゃ浮いてた」(本人談)そうです。

             

            一方、母はというと、どうやら4月1日の土曜日に入園式をしていたの保育園の様子がニュースで出ていたらしく、「みんなきちんとした格好していた!」ということらしいです。

             

            いや、普通に浮かない程度のジャケットとスカートで行くから!!

             

            ちなみに、私は紺色の膝丈Aラインスカート、白のチュニック、シルバーのジャケット(スーツ用)で行きました。

             

            ママはみなさん、だいたいスーツっぽい恰好の方がほとんどでした。赤ちゃんを連れているため、パンツスーツスタイルの方も多かったです。

             

            この時期になると、よく「卒園・入園(学)式」スタイル的なちょっと華やかめのスーツをイオンとかで売っているのを見かけますよね。なので、皆そんな感じの恰好なのかな〜と思いきや、意外とビジネススーツや黒のジャケットパンツの方もたくさんいました。

             

            小柄な私は、ああいうオシャレな既成のセットアップって、ほとんど合うサイズがないんですよね。

            あんまり使う機会もないから高いものを買うのは勿体ないし、きちんと着るには直しがいるけど、それはそれでお金かかるし・・・

            ということで、それっぽく見える格好になるように手持ちの服とビジネス用のジャケット(身体に合わせてお直ししている)にしましたが、

            十分でした!!

             

            ちなみに男性は普通のビジネススーツの方が多かったです。ちょっとラフ目なジャケットパンツの方もいました。まぁ、でも男の人って、こういうとき、とりあえずスーツ着ておけば、間違いはないから楽でいいな〜って思っちゃます。

            兄よ、あの中で浮くってどれだけラフな格好で行ったのさ?(笑)

             

             

            入園式の恰好(赤ちゃん編)

             

            うちの保育園は園服もないし、まぁ赤ちゃんだしで普段着です。

            でもちょっとだけ、おしゃれにき

             

            息子の恰好はこんな感じにしました。

             

             

             

            ・長袖シャツ(ミキハウス):さりげなくネクタイっぽい柄になっています

            ・パンツ(H&M):手持ちの服の中で、もっとも「お兄さんっぽくみえる」服です。ちょっとオシャレしたいお出かけシーンではほぼこれを履いています。これは高くはないけどね。(あとはスウェットみないなのばっかりだから。笑)

            ・カーディガン(プチバトー):お義母さんからのいただきものです。せっかくなのでいいものを。

            ・スタイ(ディズニー):会社の後輩からお祝いにもらいました。一気にパーティースタイル!

            ・靴下(ミキハウス):義妹からもらいました。足元までオシャレに。

             

            基本的に保育園の服は「西松屋で〜」(安い!生地が薄くてすぐ乾く!)をポリシーとしている私ですが、一応入園式なので、全体的にちょっといいものにしてみました。

             

            周りの子も赤ちゃんばかりなので、

             

            女の子は、ちょっとオシャレなワンピースやカパーオール。

            男の子はベストみたいな絵柄になっているシャツを着ていたり、カーディガンを羽織ったり、オーバーオール(ちなみにミキハウスだった)だったり

             

            と、ちょっとおしゃれな普段着風でした。

            自分でしっかり歩けるような大きい子は、紺色のベストに半ズボンみたいな入園式正装みたいな恰好をしていました。

             

            写真撮ったりもするので、普段着よりはちょっとオシャレ&いいもの、という感じですね。

             

             

            入園式の流れ

             

            10時から入園式でしたが、9時半過ぎに受付。すぐに控室に案内されました。そのあとの流れはこんな感じです。

             

            新入生入場

            時間になると呼ばれ、ホールにいくと、園児(3〜5歳の子みたいです)が、並んで座って、歌を歌いながら迎えてくれました。

             

            園長等の挨拶

             

            新入生の紹介(もちろん親が)

            マイクが回ってくるので、名前とクラスと、簡単に紹介(甘えん坊です!とか、ヤンチャです!とか、お兄ちゃんも通っています!とか)的なことを言ったり言わなかったり。(親によりけり)

            なんと最年少(だと思われる)の子は3カ月だそう。自分が産後3カ月の頃のことを考えると・・・復職も預けるのも、とてもできなさそうだ〜。

             

            先生紹介&出し物

            担任の先生たちが紹介されて、先生たちがギターで伴奏しながら歌を歌ってくれました。

             

            園児の出し物

            園児たちが歌を歌ってくれました。手をたたいたりしながら、結構しっかり歌っていました!カワイイ!!

             

            退場

             

             

            入園式のあと

             

            写真を撮影するということで、順に呼ばれて、一家族ずつ「にゅうえん おめでとう」の飾りの前で写真撮影をしました。我が家の息子はこの辺から、さすがに疲れてきたらしく、ちょっと顔が不機嫌になっていました。(せっかくの写真なのに)

             

            撮影した後は、クラスに分かれて説明。

             

            説明と言っても、すでに子供も親も(!?)疲れてきているので、紙が配られて、簡単な説明のみ。

             

            そして、個別に慣らし保育の相談

             

            私は4月末に復職予定。

            入園説明会のときには、慣らし保育は「4〜5日あれば十分」と言われたのですが、こちらからの希望としては「時間をかけてゆっくり慣らしたい」と伝えていました。

            向こうからも、ゆっくり時間をかけてでも構わないということだったのですが・・・

             

            「じゃあ、明日から始めますか?」

            と聞かれました。

             

            ちょ・・・ちょっと待って!!(汗)

             

            「4〜5日で」とか言われていたから、まだ全然準備できてないわ〜。アレコレ名前も書いてない、お昼寝グッズもまだそろってないものがある。

             

            「えぇっと・・・ちょっと準備がまだ整っていないので、来週からでもいいですか?」(自分が早く預けたいとか言ったくせに)

             

            ということで、慣らし保育は週明けの4月10日から始めることになりました!!

             

            それでも、復帰まで3週間近く使えることになり、その間に自分の準備を整えたり、リズムを作ったりと、心身ともに、しっかり時間を使えそうです。(と言いつつ、あっという間に過ぎそうだ)

             

            でも慣らし保育をあえて1週間遅くしたのは、準備だけの問題ではありません。

             

            これだけ息子とベッタリくっついていられる貴重な時間。。。

            家も片付かない、復帰の準備もしたいしで、「早めに預かって欲しい〜」とか言っていたくせに、いざ明日から預けると言われると、急にさみしい気持ちになりました。

             

            今週いっぱいの猶予をもらった感じですね(^^;)

            保育園開始まで、残り約1週間。最後のベッタリ期間を大事にだいじ〜に使いたいです。

             

             

            | 保育園 | 12:10 | comments(0) | - |
            | 1/1PAGES |