CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 溶連菌疑惑と止まらない咳、鼻水。そして耳鼻科へ | main | 【1歳0ヵ月】夜の睡眠時間が短い悩み >>
慣らし保育期間中にしたかったとこと、できたこと
0

    JUGEMテーマ:子育て日記

     

    ちょっと子ども風邪の話題はおいておきまして、

    慣らし保育期間中の私の話です。

     

    慣らし保育、私はかなり長めに2週間以上とりました!!

     

    子どもの手が離れて一人で自由に使える期間。

    仕事が始まる前のほんのちょっとのモラトリアム期。

     

    そんな慣らし保育、限られた期間...

    やっておきたいことは山ほどある。

     

    その期間を大事にだいじーに使うつもりでした。

     

    ●やりたかったこと

     ・部屋の掃除、片づけ

     ・産後歯科検診

     ・病児保育の登録

     ・美容院に行く

     ・化粧品を買い直す(コスメカウンター)

     ・スーツを買う

     ・初節句の写真を撮る

     

    2週間もあれば、いろいろとやれる!!

    ハズでした。

     

    まぁ、理想と現実は違うよね。

     

    ということで、実際は・・・

     

    ●やれたこと、やれなかったこと

     ・部屋の掃除、片づけ→3割できた?

     ・産後歯科検診→できた

     ・病児保育の登録→できなかった

     ・美容院に行く→できなかった

     ・化粧品を買い直す(コスメカウンター)→できた

     ・スーツを買う→できた

     ・初節句の写真を撮る→できた

     

     

    どうでしょう?

     

    私の実感としては

    「思った以上に、できなかった」

    です。

     

    原因は息子と夫の風邪、そして私の花粉症。

    関連記事コチラ】

      慣らし保育で熱が出た

      風邪がなかなか治らない

      溶連菌疑惑と止まらない咳、鼻水。そして耳鼻科へ

     

    自分の花粉症、子どもの世話とかで全然対処せずにいた(赤ちゃん連れで病院行くの大変だし、授乳期だから市販薬飲むのもヤダし、時間がないからと鼻も適当にかんでいた)ら、めっちゃ悪化して、鼻水が喉にきて、咳が出て、苦しくて、

    夜、眠れなくなった。

     

    夫に

    「花粉症、こじらせたわー」

    と言ったら、

    「え?花粉症をこらせる?そんなことありえるの?」

    と言われる始末。

     

    そんなこんなで、もう、病院と看病のオンパレードで、

    私の自由な時間、思った以上になかった。。。

     

    ということで、以下、「やれたこと、やれなかったこと」の詳細です。

     

    ●部屋の掃除、片づけ

     

    頑張ったんですけど、実際には、3割くらいしかできていません。

     

    特に、今、私と子供は別部屋に寝ているのですが、これを夫が寝ている主寝室にうつしたい!

    という目標がありました。

    そのためには寝室を片づけて、子どもの寝床をつくらないといけないのですが・・・

    できなかったです。(そして、今もできていない。)

     

     

    ●産後歯科検診

     

    母子手帳についていた無料チケットのやつです。(全国共通なの?名古屋市だけ・・・?)

    妊娠中と産後(子供が1歳になるまで)で2回使えます。妊娠中の検診も行きました。

     

    産後の検診は、慣らし保育が始まってすぐに行こうと思って予約していたのですが、子ども熱をだし、一回キャンセルして、予約を取り直しました。

    子どもの1歳の誕生日まで使えるけど、子どもを連れて行くのは大変なので、なんとか、この慣らし保育中に行きたかったのです。

     

    妊娠中〜産後って、つわりがあったり、子ども世話で時間がなかったりして、歯磨きが適当になりがちです。

    わりと虫歯になりやすい私。

    やっぱり虫歯が見つかって、さらにことあと1回、治療に通いました。

     

     

    ●病児保育の登録

     

    名古屋市の病児保育については、別で記事書くつもりですが・・・

    病児保育は、事前に施設に利用登録をしておく必要があります。

     

    いざとなったその日に登録することも可能なんですけど、登録のための書類も多かったりするので、名古屋市やたいていの施設でも、事前に登録をしておくことをおススメしているようです。(そのほうが事前に場所とかも見ておけるし、私も安心)

     

    なので、この登録、できるだけ仕事復帰前にしておきたい!!

    と思っていました。

     

    子どもが体調崩した時、私か夫のどちらかが休めれば、それに越したことはないのですが、もしどちらも休めなかったとき、両実家は働いていたり、病気療養中だったりと、なかなか預けられない状況です。

    なので、少しでもそういう環境を整えておきたい、と思っていました。

     

    が!!

     

    その肝心の子どもが熱をだし、まさか体調不良の子を連れて登録に行くわけにもいかず、結局、この期間中に登録することはできませんでした。

    これは、本当に優先順位間違えたーって感じです。

    慣らし保育始まって、すぐに登録に行けばよかった!

    他の予定よりも先に済ませておくべきでした。

     

    復帰までに行けばいいやって、ダラダラ書類の用意とかしていたら、あっという間に子どもが体調不良になってしまったので。

    (ちなみに、仕事復帰後に病気をして、急遽、一回問い合わせましたが、結局、利用はしていません)

     

     

    ●化粧品とスーツの購入

     

    この育休期間中、必要なければ化粧はしていないし、化粧品も適当に余ったものを使っていました。

    アイシャドーもほとんどないし、マスカラも使わなかったから、久しぶりに出したらカピカピに!(゜ロ゜)

    (もはや女子力という言葉とは無縁)

     

    ということで、仕事に復帰するに当たり、化粧品の大部分を揃え直すことにしました。

     

    また、スーツについては体型が変わっている(痩せた)のと、最近の流行のデザインも持っておきたかったので。

     

    まるっと一日、栄に行って、デパート回って買い物してきました!!

     

    さぁ、いざ化粧品売り場に・・・

    かと思いきや、

    まずは地下街の星野珈琲でフレンチトーストとコーヒー。

     

    優雅!!

    一人でまったりカフェとか、素敵すぎる!!

     

    いや、これ、どうしてもやりたかったんですよ(^^;)

     

    さらに三越のジョアンに寄り道してパン買って、

    ようっっっやく松坂屋のコスメカウンターに(人生で初めて!!)。

     

    そのあと、同じく松坂屋でスーツ購入。

     

    女性もののスーツって、流行のデザインがコロコロ変わる気がします。男性ものも変わっているのかもしれないけど、女性の方が変化が大きい気がする。

    細身だったり、パンツの丈が短くなったり、、、今はノーカラーが流行っているんですね。(もう2年くらい新調してないんだけど、いつから??)

     

    そして、何気に産後、体型も変わってしまったので(激やせ)、買ったスーツのサイズ、3号。

    (私の中では、だいたい9号がMサイズっていうイメージ。私の普段は5〜7号で、XSがピッタリ)

    よく売ってたな、3号。

     

    これが、ビックリするくらいぴったりしすぎて、

    体型が戻ったら着られなくなるんじゃないかという不安と、

    こんなにぴったり着れるスーツ、絶対めぐりあえないでしょ、というレア感の狭間で迷った挙句、

    お買い上げ。

     

    結局、復帰後、外に出る仕事なんかもあったりして、かなり重宝しています。

    なんせ、他のスーツはすべて、ブカブカ。。。(悲しい)

     

    スーツ購入の後は、カフェで遅めのランチ。

    生パスタ食べて帰ってきました。

     

    それにしても・・・

    一人で街に繰り出せるってステキ!!

     

    早く歩ける。荷物も持てる。

    しかも、平日だから空いてる!

     

    そして、自分の服、久しぶりに買いました。

     

    いつも洋服系のお店行っても、結局ベビー服のコーナーばっかりで、疲れちゃって、、、

    自分の服は、買うのはおろか、じっくり見るのも久しぶりです。

     

    この日のこのお出かけだけは、ほんっとうに久しぶりに自分だけのための贅沢な時間を過ごしました。

     

     

    ●美容院

     

    これは、できなかったことです。

     

    育休中って、仕事はしていないけど、赤ちゃんが常に一緒だから、美容院に行くこともなかなかできないんですよね。

    前に美容院に行ったのは3か月前。(美容師さんもマッハで切ってくれた)

     

    だいぶ髪が伸びてきていたし、やっぱり、復帰前に行っておきたかったんですよね。

    4月は慣らし保育で預かってもらえるので、結構ゆっくり行けるはず!!

    「ヘッドスパなんかもやっちゃおうかしら???」
    なーんて会話、3か月前に担当美容師さんとしていたんですよ。

     

    実現できなかったけど。

     

    原因は・・・もう繰り返しになるので書きませんが、結論としては、予定のやりくりができませんでした。

    美容院って事前に予約とっておかないといけないけど、予約がなかなか空いていなかったりして、その辺の調整ができなかったっていう感じです。

     

     

    ●初節句の写真

     

    これは、思いつきで「撮ろう!!」ってなって、即予約して、撮ってきたやつです。

     

    復帰したらぜったい無理だし、離れて暮らす夫の父から事前に「初節句祝い」をいただいていたので、初節句のお祝い当日に来られない義父に、写真で返したかった、というのもあります

     

    写真スタジオ、インターネットから予約をとれるところです。

    土日だと予約いっぱいだけど、平日はほぼ、いつでも予約OK状態でした。

     

    ということで、慣らし保育から帰ってきた後、連れて行ったのですが・・・

     

    1歳前後の男の子に、写真なんてマジ無理だった。

     

    最初こそ、急に桃太郎の衣装着せられて、兜の横に一人で座らされて、「ママ―」的な感じで(実際には「ままままま〜」)メソメソしていたけど、すぐに慣れてきて、そうなると・・・

     

    うちの子、一瞬もじっとしていられない。

     

    ともかく、ハイハイ、つかまり立ち、あっちこっち触って歩き、兜をつかもうとし、こいのぼりのぬいぐるみにアタックし、スタジオにあるおもちゃをガシャンガシャン。

     

    写真という一瞬を切り取る道具をもってしても、切り取りきれない活動性。

     

    私とスタジオのお姉さんと、なだめすかして、あやしながら、気付けば撮影に2時間。(私としては、撮影から写真選びまですべてが1時間くらいで終わるはずだった)

     

    これまた、他にお客がいないものだから、お姉さんたちもガッツリ時間かけてくれるんですよ。

     

    で、ここまで頑張って撮った写真を選ぶんだけど、もうその頃にはさすがに息子、ぐずり始めて、結果、写真はバーッと適当に選ぶ羽目に。

     

    とりあえず「いっぱい選んでおけばいいや」って決めたら、ドえらい高額に。

     

    言えない。夫には金額言えない。

    ごにょごにょごまかしてある。笑(いや、私が自分の財布から払ったから、いいんだけどさ)

     

    軽い気持ちで撮りに行った初節句。

    体力と時間と財布の中身がガッツリ削られて、気が付きましたよ。

     

    1歳前後の男の子に、写真なんて無理だ

    って。(手遅れ)

     

    大人しい子はいいのかもしれないけど、うちの子には無理だった。今思うと、なんで、できると思っちゃったんだろうって感じです。(泣)

     

    誕生日フォトとかもあるけど、もういかない。

    (でも、できあがった写真は可愛かったョ)

     

     

    以上が、慣らし保育にできたこととできなかったことです。

     

    長々と慣らし保育の期間を取っただけに、「あれもやろう、これもやろう」と考えていたのですが、なんか、

    思いのほかできなかったです。

     

    保育園に通いだせば、多少の病気は拾ってくるだろうくらいの心構えをしていたつもりでしたが、まさか、こんなにも体調不良が止まらないとは。。。(そして、実はまだ止まらない)

     

    | 生後6〜12ヵ月 | 18:47 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする