CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ブログについて振り返る | main | 「買ってよかった」の西松屋商品 >>
悪阻の時に苦手になったものの、その後
0

    JUGEMテーマ:妊娠中のできごと

    もう1年近く前のことになりますが、悪阻時代についてです。

    (すでに6月に出産済み)

     

    私の悪阻はだいたい妊娠6週の終わりごろから始まりました。

     

    私の場合、悪阻自体がそんなにひどくなかったこともあり、

    明確に「いつ終わった!」という感じではなかったです。

    良い日と悪い日を繰り返しながら、徐々にマシになっていきました。

     

    それでも、妊娠13週くらいまでは、結構つらかった気がします。

    (急に悪阻が明けてスッキリする人もいるんだよねアセアセ羨ましい)

     

    私のつわりの特徴は

     

    ・朝は元気、昼はまあまあ、夕方から夜つらい

    基本的に夜は気持ち悪い。あまり食べられない。

    魚が苦手!ともかく苦手!!魚臭くて仕方ない。

    ・コーヒーが飲めなくなった。

    げっぷが増えた(特に食事中)

    ・自分でご飯を作らなければ、結構食べられる。

    ・吐き気はしない。吐くこともなかった。

    ・においも平気。(納豆以外。)

    ・チーズがともかく好き(もともと好きだけど)

     

    っていう感じです。

     

    吐くことは一度もなかったので、

    これはおそらく、「つわりの中でも軽いほうかな」

    という自覚はありました。

    しかし、だからと言って楽になるわけではなく

    それなりにつらい日々でした。

     

    あまりにつらすぎて、毎日

    「つわり いつまで」、「つわり 終わるとき」

    とかで、検索していたくらい。

     

    勢いあまって、ついに

    「つわりが人間以外の動物にもみられるのか」

    まで調べました(笑)

     

    何やってんだか_| ̄|○

     

    悪阻中も朝は元気だったので、朝食はいつも通り食べていました。

    昼も、比較的食べられることが多かったです。

    (波があって、8〜10週頃にはダメな日もありました。)

     

    あと、実家にいったときや、ランチに外食した時など、

    自分で調理しない場合は、かなり食べられました。

    (特にちょっと高いお店は、食材がいいからか、

     大変おいしくいただけましたDocomo88

     

    時間帯的にダメだったのは夕方〜夜です。

    一日の疲れ+料理で気持ち悪くなり・・・

    夕飯はいつもの半分以下しか食べられない、という感じでした。

    (それでも毎日、夫の分までお弁当を作っていたことは

     褒めてもらってもいいと思うき

     

    あと、食材では特に魚がダメでした!!

    肉よりも、魚が苦手。

    魚臭い感じがしてダメでした。

    魚を食べようと思うと、すぐにゲップがあがってきて、

    「うぇっ」て感じ。

    魚は全般苦手になりましたが、中でも、ブリが特にダメでした。

     

    そしてこのブリ、

    なんと、出産するまで食べられませんでした。

     

    ブリは価格や品ぞろえがお手頃ななので、妊娠前まで、

    結構よく料理に使っていましたが、妊娠してからは、

    塩焼きもブリ照りも、全く食べられなくなりました。

    正直、このまま一生ブリ嫌いになるのかと思ったくらい。

     

    同じように、好きだったのに悪阻で苦手になったのが、

    コーヒーです。

     

    私、妊娠するまで、「朝はコーヒーから」でした。

    会社についたら、まずコーヒー。

    1杯から1日が始まる。

     

    ということで、妊娠を考えたころに、

    「カフェインレスコーヒー」をネットで大量購入。

     

    結果、びっくりするぐらい、まるっと余った(笑)

     

    悪阻であんなに好きだったコーヒーが飲めなくなり、

    そして、それが、やはり出産するまで飲めませんでした。

     

    一言でいうと、コーヒーは、

    「なんかもう、気持ち悪くてだめ」

    って感じです。

     

    悪阻以降で初めてコーヒーを飲んだのは、

    退院の前日に出てきた病院の「お祝い御膳」についていたときです。

    (たぶんカフェインレス)

     

    それすらも、ドキドキしながら口をつけ・・・

     

    飲める!!あたい、コーヒー飲めるよ!!きらきら

     

    って、思わず感動したのを覚えています。

     

    そして、大量購入していたカフェインレスコーヒーは、

    先日、ようやく飲み切りました。

    (授乳中だから、今もカフェインレス)

     

    ちなみに、ブリも出産後、実家に里帰りした時に、

    出てきたブリ照りを食べでみたら、大丈夫でした。

     

    今は、一体これのどこがあんなに嫌だったのか

    と思うほど、まったく問題なく食べています。

     

    悪阻中って、「いつか終わるから」とか

    「過ぎちゃうと結構忘れるんだよね」とか聞きますけど、

    真っ最中のときなんて、そんなの耳に入らないよねアセアセ

     

    「ほんとに終わるの?」って思ったし、もっというと、

    「やかましいわ、もうほっといてよ。」って

    気持ちになるときもありました。

     

    正直、

    「1人目でこれなのに、これをもう1回やるの?

     2人目とかマジ無理。」

     

    って思って、世の中の2人も3人も産んでいるお母さんたちを心から尊敬した。

    (その気持ちは全妊娠期間を通じてありました)

     

    妊娠中って、自分の状態が100%になることはなかったから、

    私は悪阻が終わった後も、そこそこつらい時もあったけど、

    出産3カ月たった今・・・

     

    結構忘れてくるもんだな。うん。

    (ダメだったものも全部食べられるようになったし、

     体調はスッキリ元通り)

     

    むしろ赤ちゃんって、毎日顔が変わってどんどん大きくなるから、

    嬉しいけど、さみしい!!

     

    落ち着いたらもう一人欲しい!!き

    って思っちゃうくらい。

     

    だから産めるんだね。

    人間ってスゴイ。

     

    でも次の悪阻は、もっと軽いといいな(笑)

     

    現在、悪阻に耐えているすべての方の検討を祈りつつ。

     

     

    | 妊娠中 | 10:16 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする