<< 【生後6ヵ月】はじめての美容院 | main | コップ飲み、ストロー飲み >>
アレルギーと授乳
0

    JUGEMテーマ:子育て日記

     

    そういえば、いつの間にやら

    生後7ヵ月になりました。

     

    離乳食も順調ですきらきら

     

    先日、「うどんで小麦粉クリア」と書きましたが、

    その後、パン粥にも挑戦しました。

    また、ヨーグルトも一口食べましたが、

    今のところ問題ありません。

     

    そろそろ難関、卵を試そうか・・・

    というところであります。

     

    幸い、うちの子は今のところ

    アレルギーは出たことがありません。

     

    ところで、これだけ私がアレルギーにビビっているのは

    実は私の友人の経験によるところです。

     

    というのも、彼女の2番目のお子さんは、

     

     一般的にアレルギーとして思い浮かぶような、

     ありとあらゆるものが全部だめだった

    (彼女談)

     

    というので、めちゃくちゃ大変だったということを

    以前から聞いていました。

     

    全部は憶えていないけど、確かざっと聞いただけで

    小麦粉、卵、牛乳、ごま、大豆

        ・・・エトセトラ、エトセトラ

     

    ハンバーグを作ろうにも、卵も小麦粉も牛乳も

    つなぎに使えない。

    大豆を食べられないから、豆腐もダメ。

     

    じゃあ、どうするんだろう?

    と思って尋ねたら、

     

    野菜をすりおろしてつなぎにしたら

    結構ふわふわになるっていうことを知った!

     

    と語っておりました。

    ふぇ~、母の愛の工夫ですねハート

     

    そんな彼女、離乳食はもちろん、

    もともとは完母で育てていたため、

    アレルギーが分かってからは

    母親もアレルギー食材を除去食。

     

    そうなのっ???

    し・・・知らなかった。

    (アレルギーを持つお子さんのママにとっては

     常識なのかもしれませんが・・・アセアセ

     

    そんな彼女に先日、

    そもそも、なんでアレルギーが分かったの?

    という話を聞きました。

     

    彼女によると、

     

     いつまで経っても乳児湿疹がよくならないから

     (たぶん5ヶ月くらい?)

     病院に連れて行ったところ、

     その頃、私、牛乳をたくさん飲んでいたんだけど、

     そしたら先生から

     

     「お母さん、牛乳を飲むのを止めてください」

     って言われて・・・

     

     それで、牛乳止めたら、

     湿疹がビックリするくらい綺麗に治った

     んだよねー。

     

     で、病院で言われたのよ。

     「これ、乳児湿疹じゃなくてアレルギーですね。」

     って。(彼女談)

     

    どうやら、母親の飲んでいた牛乳が、母乳を経由して

    赤ちゃんにアレルギーを起こしていたそうでして。

     

     それで、慌ててアレルギー検査したら、

     これでもかっていうくらい、ありとあらゆるものに

     ひっかかったんだよね。

     

    ひぃ!0口0

     

    あとで思い返せば、離乳食で豆腐をあげた時に

    顔が赤くなっていたけど、やっぱりアレルギーだった

    からだと分かったのだとか。

     

    でも、いまさら哺乳瓶も飲まないし(うちと一緒)泣き

    そこからは自分もアレルギーのものを除去したので、

    食べられるものが全然ない!!

    ってなって、とても大変だったそう。

     

    ちなみに彼女もワーキングマザー。

     

    卒乳したら、自分は好きなものを食べられるように

    なったものの、復帰後は上の子もいる中で、

    働きながら、子どものアレルギー対策メニュー・・・

     

    考えただけでも、とても大変ですねアセアセ

    尊敬します。。。

     

    しかも今度は、上の子への対応が難題に。

    アレルギー持ちの下の子に合わせて、

    家でパンとかパスタとかを出せなくなって

    しまったそう。

    (アレルギーの子が欲しがっちゃうので)

     

    親は働いているから、食べたくなったら

    お昼に外で食べればいいけど、

    子どもは今まで家で食べていたものが食べられなくなり、

    上の子は味を知っているだけに可哀そうで、

    時々、その子だけを連れて外に食べに

    連れて行ってあげたりしていた

    のだとか。

     

    うー、大変ですねアセアセ

     

    とはいえ、そのアレルギーのお子さんも今は3歳になり、

    量に制限はあるものの、牛乳や卵も少量なら

    食べられるようになったそう。

     

    よかった!!きらきら

     

    ちなみに、そのときのアレルギーの発疹の写真も

    見せてもらいました。

    発疹がただのブツブツではなく、赤く腫れあがって

    いました。

    ジュクジュクと弾けた感じ。

     

    彼女も、

     

     今改めて見ると、

     普通の乳児湿疹とは明らかに違うよね

     

    と言っていました。

     

    でも、その時は、そんな風には考えないですよねアセアセ

     

    こんな話を聞いていたこともあって、

    私はついつい慎重に、しんちょう~に

    離乳食を進めています。

     

    自分の子どもの頃に周りにアレルギーの子って

    あまりいなくて(ゼロではなかったけど)、

    こういうことを考えたことがなかったけど、

    親になるって、とても心配症になるんだな。

     

    どうか、このまま順調にいきますように!!

     

    | 生後6〜12ヵ月 | 14:26 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする