<< 【生後7ヵ月】日帰り旅行、赤ちゃんと日間賀島でふぐ | main | 【生後8カ月】ハッピーママフェスタin名古屋に行ってきました >>
【生後7ヵ月】日帰り旅行、赤ちゃんと日間賀島でふぐ
0

    JUGEMテーマ:子育て日記

     

    さて、赤ちゃん連れ日間賀島日帰り旅行の続きです。

    その,こちらです。

     

     

    船〜旅館(ふぐ)

     

    日間賀島までは河和港から高速船で20分ぐらい、

    ということでしたが、実際には15分くらいで

    日間賀島西港に到着しました。

     

    息子、初めての船。

     

    船はエンジン音がかなり響いていて、緊張しているご様子。

     

    ところで、この日の天気ですが、

    まさかの雪でした雪

     

    知多半島の方ってそんなに降らないイメージなんですが・・・

     

    うちを出るときに少し雪が降っていて、

    港に近づくにつれて晴れてきたので

    「よかったね〜」

    なんて言っていたのもつかの間。

     

    日間賀島西港に到着したころ、再び雪がチラつき始めました。

     

    予約をしていた旅館「おとは」さんは

    日間賀島西港から見える近さ。

    雪が降っていて赤ちゃん連れなので、この近さが助かります。

     

    お願いした通り個室のお座敷でした。

     

    ただ、個室の場合は窓がなく、外の景色が見えないのが

    ちょっと残念でしたアセアセ

     

    ふぐの料理については、もう何もいうことはありません。

    この写真を見よ!!

     

     

     

    美味し!!

     

    ふぐの湯引きが入ったサラダ、

    てっさ、ふぐ唐揚げ、ぞうすい・・・

     

    さすがフグの島です。

    ひたすら美味いです。

     

    〆の雑炊まで、ぺろりといただきました。

     

    私たちは名鉄観光のスタンダードプランで予約し、

    量的にはちょうどお腹いっぱいになったのですが、

    男性だけのグループだと物足りないかもしれません。

     

    息子は、着いたときは大人しく寝ていてくれたのに、

    途中で目を覚ましてからは大変でした0口0

     

    和光堂の離乳食のお弁当を持って行ったのですが、

    それを食べさせるのにも一苦労アセアセ

     

    いつもと違う空間で、やや興奮して、

    座敷をハイハイでうろうろ。

     

    旅館のバンボを借りたのですが、すぐに脱走ぴのこ:)

     

    ようやく食べさせ、授乳をし、

    お腹は落ち着いたかと思いきや、

    今度は元気なって、またハイハイうろうろ。

     

    机の端から鍋を遠ざけ、食べ終わったお皿は

    即下げてもらい、なんとかかんとか夫と二人で

    順に監視しながら食べました。

     

    ちなみに、隣の個室からも赤ちゃんの声が聞こえていて、

    お膳を下げに来た仲居さん曰く、

    そちらは11か月の赤ちゃん連れだそう。

    うちと同じくテーブルを片っ端から触って大変みたい。

     

    やっぱり赤ちゃん連れは個室じゃないとダメですね。

    周りの人に迷惑をかけてしまう_| ̄|○

     

     

    温泉と島内散策

     

    フグを食べた後は、島を散策・・・

    と思ったら。

    めちゃめちゃ吹雪いてますけど!!

     

    個室からは見えなかったので気が付きませんでしたが、

    外が大荒れに。

     

    ということで、私が申し込んでいたプランが

    昼食+温泉だったので、温泉に入ることにしました。

     

    息子は日帰り温泉にいれるのは大変かな〜と思い、

    夫と私が交代でサーッと入って温まりました。

     

    そのあとは意を決して外に出て、

    島の内部にあるたこ焼き屋「はっぴぃ」さんを目指します。

     

    島内ではかなり有名なたこ焼き屋さんらしく、

    店内には、東海地方を中心とした情報系番組がのきなみ

    取材に来たっぽい色紙の数々。

     

    作り置きをしないということで、注文したらその場で

    焼いてくれます。

    待ち時間は、おかみさんとのトークも楽しめます。

     

    ただ、その場で焼くので、どうしても

    時間が15〜20分くらいかかってしまいます。

    行かれる方はそのあたりの時間配分を考えていくことを

    おススメします!!

    (私たちは、帰りの乗船時間がぎりぎりに

     なってしまいましたアセアセ

     

    ちなみに味は、とっても美味しいです!!

    タコがもう、全然違うんですよね。

    大きい!!プリプリ!!

     

    その触感とお味はゼヒご自身でお確かめください。

     

     

    帰宅

     

    さて、そろそろ帰りの船の時間です。

     

    たこ焼きで思った以上に時間がかかってしまい、

    半ば急ぎ足で日間賀島西港に戻りました。

     

    船は1時間に1本程度しかなく、

    しかも14:20の次はなぜか15:40。

     

    赤ちゃんもつれているし、雪だし、寒いし・・・

    ということで、何としても14:20に乗りたかったので

    島内の迷路のような道を頑張りました!!

     

    なんとかギリギリに港に到着したのですが、

    お土産をゆっくり見て回る時間がなく、とりあえず

    人気NO1とかNO2とか書いてあるのをつかんで

    買ってくるハメに。。。

     

    本当はおせんべいのお店とかもあって、

    もう少しゆっくり見て回りたかったですアセアセ

     

    14:20の船で帰る人はあまり多くないらしく、

    座席も行きに比べて空いていました。

     

    帰り道も雪が降ったりやんだりで、天候には恵まれない1日

    でしたが、おなかは大満足です。

    (まぁ、私と息子は車の中で寝てたんですけどね^^;)

     

     

    感想&まとめ

     

    日間賀島の観光客はいろんな年齢層の方がいました。

     

    高齢グループ(男女または女性グループ、団体)、

    若い男性グループ、女性グループ、男女グループ、

    小さい子供連れファミリー、そしてもちろん、

    私たちのような赤ちゃん連れ。

     

    私たちは今回、ベビーカーは持っていかなかったのですが、

    島内ではベビーカーもたくさん見かけました。

     

    ベビーカーを持っていくかどうか、少し迷ったのですが、

    日帰り旅行だし、船に乗るときに荷物になるし、

    そして何より、天候が悪かったので、

    今回は夫に抱っこひもで頑張ってもらいました。

     

    島内は結構、坂のアップダウンが多いので、

    時間に余裕があって(泊りとか)、ゆっくり見て回るなら

    ベビーカーもいいかもしれません。

     

    ただ、どうしても機動力低下するので、

    日帰りの私たちは、抱っこひもで十分でした。

     

    フグもすごく美味しかったし、名古屋からも近いし、

    ちょっと高いけど、

    赤ちゃん連れのプチ旅行スポットとしては

    日間賀島、おススメです。

    (まぁお値段は、フグを食べなければ高くないけどさ)

     

     

    | お出かけ | 16:45 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする